TRAVEL,WALATTE!

walalala.exblog.jp
ブログトップ

こんぴら歌舞伎

歌舞伎を見始めた時から、この四国こんぴら歌舞伎は憧れでして、
今回ようやくチケットを取ることができました。

金丸座は1835年(江戸時代後期)に建てられた芝居小屋、
現存の芝居小屋では日本最古です。
明かりは照明ではなく外明かりを取りこむ方法で、
(だから夜の部というものは無いのです)
場面転換によって窓の開け閉めを行って明かりを調節するという仕組み。
小さな劇場で、私はいちばん後ろの「青田組」と呼ばれる席でしたが、
(畳敷きの自由席のようなもの)
それでも舞台との距離はかなり近かったです。

劇場内は写真NGなので、外だけ。
b0066455_2037115.jpg

b0066455_2037344.jpg


出し物は「桜姫清玄」「羽衣」と口上。
中村吉衛門、中村梅玉、中村魁春など。

この日は高松まで戻り、1泊。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-04-12 17:00 | 四国東半周(2004春)