TRAVEL,WALATTE!

walalala.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:長野(2009春)( 4 )

長野の春をなめちゃいけない

2009.4.14

牛に曳かれて善光寺参り。
をしようと、1泊2日の長野行脚。今年は御開帳の年。
長野は子供の頃松本城と諏訪湖に来た時以来です。

まずは戸隠神社へ。
市内からバスでひたすら山道を登ること1時間。
途中に長野オリンピックのボブスレー会場がありました。ひっそりと・・・。
戸隠神社中社にお詣りをし、御朱印を頂く。

ここからが今日の山場。

戸隠神社にはさらに奥社があり、中社から歩いて1時間くらいとのこと。
古事記にも出てくるとても由緒ある社です。
これは行かなきゃね。

しかし。
4月の戸隠を甘く見てました。
中社から奥社までの遊歩道は雪がまだ積もった状態で、
軽い靴を選んだのが失敗でした。滑る滑る。
それでもなんとか奥社の表鳥居まで辿り着きました。
鳥居から参道を写しました。
b0066455_23534298.jpg


霧で向こうが見えません。
一度吸い込まれたら戻れなそうな雰囲気ですが、
ここまできたからには行きますよ。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2009-04-14 23:00 | 長野(2009春)

戸隠で神隠しにあう寸前

鳥居をくぐって歩き始めたのはいいものの、
振り返ると今きた道は霧で覆われてしまうので、普通に怖い。
行方不明とか遭難とか神隠しとか、そんな言葉ばかりが頭に浮かぶ。
しかもここも雪道なので冷気が上がってきて寒い!
たぶん1キロくらい歩いて、霧が晴れた辺りに門がありました。
その門の先には樹齢400年の杉並木が続いています。

b0066455_23581968.jpg

これは壮観です。
こういう由緒ある神社の参道の並木は、仁王様が並んで睨んでいるように思えてなりません。

この杉並木で、初めて私以外の人に会いました。
8人くらいの団体さんでしたが、向こうからこんにちは!と声を掛けてきてくださいました。
最後にすれ違った方が
「雪深いから気をつけてね」
と言ってくれた意味が後で身にしみるほどわかりました。

杉並木途中から勾配がキツくなり、雪道を転びそうになりながら登りました。
普段から足腰鍛えてて良かった…。

でも結局奥社までは辿り着けませんでした。
だってこんな感じなんだもの。
b0066455_014372.jpg


雪の壁が溶けずに残っており、頑張れば行けたかもしれませんが、
運動音痴だし軽装だしで、危険だと判断し、諦めました。
社に向かって賽銭を投げ、お詣りしたことにしました。

さて問題はこの雪道をまた下山しなきゃいけないことですよ。
傘を杖代わりにしてなんとか転ばずに下山。
来た道を戻り、鳥居の近くの茶屋で温かい蕎麦茶を飲んで
戸隠そばを食べ、ようやく人心地が戻りホッとする。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2009-04-14 21:00 | 長野(2009春)

くまなく善光寺

2009.4.15
b0066455_094024.jpg


前日の雨が嘘のように晴れた長野です。
午前中は取引先の菓子メーカーの工場見学。
いつも売っている商品のルーツを見られて感動。
予想外に大きな会社でした。地元ではそこそこ有力企業なんだろうな。

教えてもらったオススメの蕎麦屋で天ざるを頂き、
ゆっくり歩いて善光寺へ。
七年に一度の御開帳、さすがにすごい人出ですね。
写真奥の本堂の手前に立てられた回向柱に触ると
本尊を拝むのと同じ御利益があるそうです。

本堂を拝観した後、戒壇めぐりをしてみることに。
これは暗闇の中、手探りで本尊の下にある極楽への錠前を探すというもの。
暗闇ったってこのご時世だから、足元灯くらいあるんじゃない?
と思った私が甘かったようです。
真の闇とはああいうことを言うのですね。何も見えません。
壁づたいに辿りながら錠前を探し、暗闇を脱出しました。
なかなかの非日常体験でした。

その後は御印文というありがたい印を頭に押していただきました。
さらにこの御開帳の期間中は山門に登れるというので、
せっかくなので登ってみることに。
山門の楼からは長野市内が見渡せ、良い景色でした。
山門の内壁に昔は参詣の記に名前が書けたそうです。
その中に「初世桂文治」の文字を発見。
最近までご存命だったのが9か10代目だったと思うので、
かなり昔の方のはず。

善光寺だけで半日も持つかと思ったのですが、
いやはや、なかなか。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2009-04-14 18:00 | 長野(2009春)

食べたのはそばだけじゃない

今回の旅は往復高速バスを利用しました。
夜行は嫌いですが、昼便のバスは結構好きです。

途中で寄るサービスエリアでおぎのやの釜めしを購入。
善光寺バージョン。
b0066455_0244525.jpg


そういや昔、まだ小学生くらいの頃かな、
兄がどうしても「おぎのやの釜めしが食べたい」というので、
横川まで家族でドライブをしたことがある。
その時買った4つの釜めしの容器は、まだ家にある。
一回、それで炊き込みごはんを作ったことがあったような。

バスの中でおいしく釜めしをいただき、今回の旅の〆。
[PR]
by travel-xiao | 2009-04-14 14:00 | 長野(2009春)