TRAVEL,WALATTE!

walalala.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:福岡・長崎(2004秋)( 15 )

目的みたいな

今回の旅の目的は・・・

第19回国民文化祭・ふくおか2004 とびうめ国文祭

に参加するためなのです!
ええ、正真正銘の国家行事ですよ。
11月頭の2週間にわたり、福岡県のあちこちでいろんなイベントが行われます。
絵画、演劇、歌、映画、文芸、伝統芸能、食文化などなど。
そして私が参加したのは演芸部門。
11月13・14の2日間、福岡県の福間町で行われました。

  福間町は博多から電車で30分ほどの、
  玄海灘に面した海辺の小さな町です。
  このイベントに合わせたのか?春に自動改札が導入されたとか。
  (まぁ私の実家の最寄駅は未だに無人駅だけどね・・・)

演芸部門は落語と手品がありました。
落語のコンテストには新潟の知り合いが参加していまして、
新潟県人同士が福岡で再会って、そんな縁もあるもので。

この参加費(旅費・宿泊費)は全て主催者持ち!
なので浮いたお金で長崎へと足を運ぶことにしました。

ささ、それでは。
2004年秋 福岡・長崎 半分用事・半分遊びの旅
はじまりぃ。

↓国民文化祭・ふくおか2004のマスコット「とびうめちゃん」演芸バージョン
b0066455_2155545.gif


→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-11-27 23:00 | 福岡・長崎(2004秋)

充実しすぎの1日

2004.11.13

おはようございます(小声)。

午前8時のフライトに余裕を持って乗るには4時半に起きなくてはいけません!
なにせ動物同伴で行くものですから、手続きに時間がかかるのです。

  最近は「ペットとおでかけ」などといったサービスもありますが、
  そういうのはほとんどの場合、犬猫しか対象になっていないので
  私「中身ですか?鳥です」
  係「鳥は何の種類ですか?」(鶏やオウムなんかはいろいろやかましいらしい)
  私「えぇと、鳩です。銀鳩です。」
  といって籠の中身を見せて、
  「気圧の変化等で具合が悪くなったり死んだりしても責任持たないよ」
  という冷たい内容の書類にサインをして、ペット料金を払って手続き終了。
  ペット料金は基本5000円であとは重さによって追加されるのです。
  私の場合はペット貨物用の籠を借りたので5500円也。
  もちろんこれも領収書を切りますよぉ。
  
同じく奇術部門のコンテストにでる友達2人と一緒です。
「女3人の旅って、サスペンスによくありがちだよねぇ」
「そうそう。だれか風呂場で死体見つけてさぁ」

朝からこんな会話です・・・。
楽しい旅の予感。

10時頃に福岡空港に到着→地下鉄で博多へ。  
早めのお昼でラーメン(一蘭)を食してから一路福間町へ!
駅を降りれば・・・何も無い。商店街だな。
えぇ、まぁ、とりあえずタクシーで会場の「福間町公民館」。  
リハーサルをすませ、宿に荷物を置いて、再び博多の街へくりだしました。
早めの夕飯で、再びラーメン(一風堂)。
  
  私、ラーメンは太麺・超こってりがお好みで、
  極細麺の博多ラーメンは食べる機会もなかったことから
  「どんなもんかいな」と思っていましたが、
  それはそれでなかなかおいしいものでして。うん。
  紅生姜たっぷり入れちゃったもんね。

その後、同行の友達の大学時代の先輩(今は福岡在住)と落ち合い、呑み。
天神の駅からちょっとあるった「まる家」で。
いかの活き造り、鰯の甘露煮、かんぱち刺身、他。
ん、なんか、しょうゆが甘ったるい。少しとろっと重い感じ。
そういえば仕事場の人にそんな話をされてたっけ。

↓まだ動いてるよぉ。ゲソは天ぷらにしていただきました。
b0066455_336516.jpg


博多はすっかりクリスマス気分。
・・・はえぇよ!
↓まぁ、ツリーが綺麗なので、善しとしたい。
b0066455_3391753.jpg


・・・結局、宿の門限を30分オーバーする困ったお客さん。すんません。
すごく中身の詰まった1日でした。
疲れたぁ。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-11-27 22:30 | 福岡・長崎(2004秋)

福間町の海辺より

2004.11.12

前の晩夜遅く帰ってきたために風呂に入りそびれてまして・・・。
朝風呂~。温泉らしいよ。トロン温泉。

のあと朝ご飯。

 昨晩の醤油でも思ったのだけど、
 調味料が甘い?
 だって味噌汁が甘いんだもん。
 味噌は白味噌なんだけど・・・うん、甘いよ。
 しょっぱめの新潟の味噌で育った私にはちょっと合わないかも。
 醤油が甘口なのは構わないんだけどね。

友達2人がお昼寝している間、散歩に出かけました。
すぐそこが海岸らしい。

 日本海を見て育ってきたもので、海が好きです。
 日本海に沈む夕日が、一番綺麗な夕日だと、自信を持って言えます。
 あれは多くの人に見せたい。

海岸に出ると、飛行機が空港に降りていくのが見えました。近い。

↓たたずむ瘠せモアイ。
b0066455_1164231.jpg


なんかね、気がついたんですよ。
ある一部分だけ波が変なんですよ。
近づいてみました・・・波が緑色だっ!ぎゃぁぁ。
b0066455_119779.jpg


正体は大量の海草。いっぱい打ち上げられていました。
確かに海に海草は浮いてますよ、そりゃ。
でも波の色が真緑になるほど大量の海草が浮いた海は初めてでした。

もうちょっと歩いて海浜公園でまったり。
いい天気。あったかいし。
↓日本海も南に下ると、こんな南国風な景色になるんだぁ。
b0066455_1225377.jpg


さぁ、宿に帰ろう。

  どうやら私の帰りが遅いので、友達2人は
  「拉致されたんじゃないか」と心配していたらしい・・・。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-11-27 21:00 | 福岡・長崎(2004秋)

同時開催!「ふくまっち」

国民文化祭・ふくま演芸祭の会場の隣では
多くのテントが立ち並び、町祭りが行われておりました。

その名も「フェスタ・ふくまっち」。

屋台とかバザーとか、いい感じに本格的町祭り。
お昼ご飯におばちゃん手作りの一杯100円の漁師鍋を食べました。
100円なのにふぐたっぷり、野菜たっぷり、おいしい!
(塩ちゃんこに似た感じ。ゆず胡椒が欲しくなる味。)

特設ステージでは屈強な男たちによる
大根おろし大会が行われております。
制限時間3分内に多くおろした人が勝ちです。
日に焼けた太い腕、ねじり鉢巻、勝負師の顔、
とびちる大根おろし!!
優勝者にはDVDプレイヤーが贈られるとあって、
真剣勝負そのものでした。
たしか優勝者は3分間に1キロ以上の大根をおろしました。
・・・
私が気になるのはそのできあがった大根おろしをその後どうしたのか、
なんだけど。
だって捨てたら勿体無い。

その後はヨサコイ踊り。
もともと北海道の踊りですが、今は全国でコンテストが行われるなど
すっかり全国区ですね。
福岡でもヨサコイ踊りが相当盛んらしく、
会場全体が盛り上がって、そりゃぁ楽しいものでした。

この日はこんなふうに外で遊んだり、ゲストのナポレオンズのショーを見たり、
普通に客として楽しみました。

宿に帰り、景気付けに軽く酒盛りwith「家政婦は見た」on TV
私、不甲斐無いことに350mlの缶チューを1本飲み切れず撃沈。
おかげでよぉーく眠れました。

で、犯人はあいつだったわけ?

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-11-27 19:00 | 福岡・長崎(2004秋)

舞台裏、舞台袖、舞台前

2004.11.13

「コンテスト出場の方は8時までに受付を済ませてください」
・・・ふぁぁ。早いよ。開始10時でしょ。

  ちなみに今まで出たコンテストの中で、
  もっとも理不尽な時間に始まったのは
  U○Mの「朝8時スタート」。
  7時くらいに会場に入って準備したっけ。
  やるほうも大変だけど、見るほうも大変な感じで。

畳敷きの控え室でのんびりセッティング。
髪の毛をぱりぱりにセットしたので寝ごろごろはできず。
(↑てかそれって不謹慎だろうな・・・)

↓出演者用の名札。芸風っぽくバラくわえてるのにしました。
b0066455_381938.jpg


朝早いにもかかわらず、落語部門に出る新潟の知り合いが楽屋に来てくれました。
「お、すっかりマジシャンっぽくなっちゃったねぇ」とか言われ。
この方に演技を見せるのは初めてなので、反応が楽しみ。
たぶん、喜んでくれると思う。

10時、外で町祭り開始の花火の音。
ホールではいよいよ、コンテストが始まります。
・・・あれ?この楽屋全然音が聞こえませんけど(汗)。

  他の人の音楽やお客さんの拍手って、気になるものです。
  聞こえないと、結構不安。

私の出番は11時ごろ。
出番前に舞台袖に行ったら、
審査員のはずのナポレオンズの小石さん(しゃべる方)に遭遇。
「あれ?審査員なんじゃぁ・・・?」って聞いたら
「植木(めがねの方)がやってるから俺はいいんだよ」だって。
友達2人も混ざり、しばし談笑。

うわ、前の人すごいなぁ。
でかい花、ぼんぼん出してるよ。

あ、終わった。

アナウンスで私の紹介文が流れる。そういえば考えたなぁ。

  私は自分の手品の演技を、 いのちあるものを テーマに、
  心をこめて作ってきました。
  舞台上にいる数分間、いつも私は、とても とても 幸せな気持ちになります。
  そんな幸せな気持ちが見て下さる方々にも伝わりますよう、
  精一杯、心をこめて演技します。

出番前に改めて聞いて、自分でちょっと感動しました。

今日のこれからの舞台も、どうか幸せな7分半でありますように。

行ってきます。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-11-27 18:00 | 福岡・長崎(2004秋)

とったどぉー!!

コンテストは無事、終了。
すぐに結果発表なんて、はじめてです。
審査員の皆様、お疲れ様でした。

  結果発表の時間が少し押したのは、
  賞状の名前書きが乾かなかったからだって。

1位(文部科学大臣奨励賞)は予想通り、友達のひとり。
そりゃあ国際大会でも賞を取っちゃうような人ですよ。
そうして2位を、私がいただいちゃいました。
「国民文化祭 大会実行委員会長賞」・・・長いな。
アリガトウゴザイマシタ。

  参加賞として明太子&明太子加工品が後日届きました。
  ひとりじゃぁ食べきれないほどの!
  仕事場の皆様へオスソワケして大好評。
  確かにおいしかったです。

受賞式後、落語部門の楽屋の知り合いをたずね、ご挨拶。
さすがみなさん、「入賞する」ことの意義をよく分かっていらっしゃり、
知らない方からもお祝いされました。嬉しい。

ふくまっち会場でビールとつまみを買いこみ、さっそく簡単な打ち上げ。
かんぱーい。かんぱーい。オメデトウ。アリガトウ。

飛行機の時間で友達2人は先に帰り、
私は落語のコンテストを全部聞いて、授賞式までお付き合い。
私の知り合いは残念ながら3位入賞できませんでした。
でもやはり全国大会、アマチュアなれどレベルは高かったです。
終演後、楽屋を訪ね、しばしお互い近況報告などをしました。
別れ際
「そういえば2△才になったんだよね」
「そーなんですよ」
もう9年ぐらいの付き合いになるんですか。早いもので。

さ、そろそろ一人旅をはじめよう。
大会でお世話になったたくさんの方々に、感謝、多謝。

福間町にさよなら、です。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-11-27 17:00 | 福岡・長崎(2004秋)

福岡→長崎

特急「かもめ」は博多長崎間を約2時間で結びます。
これがなかなかお洒落なんですよ。
↓これは出入り口付近の壁。
名作屏風絵が影絵っぽくなってて、照明も凝ってて素敵。
b0066455_1261023.jpg


電車の床もフローリング調、椅子は皮ソファー風。
今まで乗ったいろんな電車の中でも満足度が高い!

長崎に着く前には
「Madam Butterfly(蝶々婦人)」のアリア
「Un bel di,vedremo(ある晴れた日に)」がかかります。
うん、長崎風情♪

ホテルで次の日の予定を立てていたら
眠い、眠い・・・耐えられないくらい眠くなってきまして。
明日のことは明日決めよう(←だめじゃん)。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-11-27 16:00 | 福岡・長崎(2004秋)

朝のお散歩

2004.11.14

ホテルをチェックアウトする前に、
長崎平和記念公園へおでかけ。

  長崎市内には「長崎電気軌道」という
  なんだかいかめしい名前の路面電車が走っています。
  これが安くてとっても便利!
  何区間乗っても運賃は100円。
  まさしく「市民の足」なんですね。

修学旅行シーズンというだけあって、
公園内は学生の団体がたくさんいます。
ボランティアガイドさんのお話、私も聞きたかったなぁ。

↓原爆で大部分が破壊された教会の一部(移築)
b0066455_21544131.jpg


↓水に飢えた被爆者の鎮魂のために作られた噴水。
b0066455_2156507.jpg


正面の石碑には、こんな言葉が刻まれています。

  のどが乾いてたまりませんでした
  水には油のようなものが一面に浮いていました
  どうしても水が欲しくて
  とうとう油の浮いたまま飲みました


↓平和の像
b0066455_21592861.jpg


自分でもよく分かりませんが、
ここにいる間、涙が出て仕方ありませんでした。
笑ったりはしゃいだりしている観光客を見て、
なんであの人たちはあんなことが出来るのだろう、なんて思いました。

普段はそういうこと、考えないんですけどね。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-11-27 14:00 | 福岡・長崎(2004秋)

新地中華街~オランダ坂

長崎は今日は晴れでして。
(実は昨晩、雨に振られました)

↓新地中華街は・・・ミニチュア中華街みたいな。小せぇ。
b0066455_2211326.jpg

(写真も小サイズ・・・別に狙ったわけではないが、事情ありき)

店頭売りの角煮まんをいただく。ほくほく、うまひ。
中国雑貨屋で京劇の仮面の柄のトランプを購入。
実はずっと探してたのです。
他にも土産物を物色しましたが、今は荷物になるのでパス。

歩いてオランダ坂へ。
この辺は古い洋館が立ち並び、石畳の坂道もいい感じです。
b0066455_2223501.jpg


暖かい日、ちょっとはりきって歩くと汗が出ます。
きっと長崎日和。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-11-27 13:00 | 福岡・長崎(2004秋)

孔子廟・中国歴史博物館

オランダ坂の途中をちょっと降りたところ、
住宅や学校や病院がある普通の場所に唐突に現れる、赤い建物。
b0066455_2229961.jpg

明治26年に華僑によって建てられた聖廟、だそうです。
もしもこれ、もっと広い場所に立ってたら、
もっともっと観光地になってるかもしれないのになぁ・・・ちょっと勿体無い。

すごくいいところです。

園内お香のかおりがほのかに漂い、
静かで、居心地がとても良い。

↓親子獅子。なんかほほえましくて、かわいい。
b0066455_2240245.jpg


↓園内には72賢人の石像が粛々と立っています。
b0066455_2245686.jpg


奥には博物館が併設されてます。
小さい規模なのに模造品が少なくて感心。
写真でしか見たことのない、細い金糸で編んだ王冠を初めて見ました。感動!

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2004-11-27 12:00 | 福岡・長崎(2004秋)