TRAVEL,WALATTE!

walalala.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:北海道(2010夏)( 10 )

短時間滞在ながらネタ豊富

2010.7.18-①

最初のプランでは、
釧路→知床→網走→旭川→稚内→旭川→帯広
2泊か3泊、だったのですよ。
ところが、思ったより交通の繋ぎがうまくなく、
知床網走を周っていると最低4泊は必要であることが判明。
で、ものすごく悩んだ結果、
釧路→帯広→旭川→稚内→札幌
2泊というルートになりました。
電車やバスの本数・時間が限られているので
いつもみたいに行き当たりばったりが許されない、
「オンタイム」な旅行です。

初日、釧路に来ました。
日差しは7月並みだけど、吹いてくる風が4月並みです。変な感じ。
気温は20度くらい。

釧路での滞在時間が2時間くらいしか無かったので、
ほんの駅前をうろついたぐらいでした。
どうしていいか分からない標識。
b0066455_23244612.jpg


駅から1キロ弱のところに、釧路フィッシャーマンズワーフという
観光向け市場みたいなのがありました。
外からみた感じ、ショボンっぽかったので中には入りませんでした。

外にはサンマ漁船が留まっていて漁港風情。
屋外の炉端焼きテントの近くには、餌を求めるウミネコがウヨウヨ。
ウミネコは間近で見ると結構デカいのね。
これ以上近づく勇気が無かったので、こんな感じで。
b0066455_2322129.jpg


釧路のマンホールは「丹頂鶴」でした。
b0066455_23234271.jpg


釧路駅で焼さんま寿司の駅弁を買い込み、車中昼ごはん。
帯広に向かいます。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-07-31 23:00 | 北海道(2010夏)

賭けごとも悪くない

2010.7.18―②

当初、帯広はただの通過点としていたのですが、
見たいものを思い出し、時間をとることにしました。

ばんえい競馬、です。
1トンくらいの馬が同じくらいの重さの鉄のソリを牽くという、
(騎手はソリに乗って、後ろから鞭を振るう)
速さを競うだけではなく、まさに馬力を競う感じです。
2、3年前ですか、存続をめぐって話題になりました。
その時に「こりゃ見てみたい!」と思い、
今回叶ったようなわけ。

競馬場に行くこと自体、初めて。
家族連れやカップルが多くて驚く。
入場料100円なので、家族連れにとってはちょうどいいレジャーなのかも。
大きな馬を目の前で見ることができるし、
親が買った馬券の馬を応援したりして、結構楽しんでいる様子。
ほとんどのカップルは競馬新聞を買って、頭突き合わせて予想してるし、
もちろん常連的なおやじたちも競馬新聞とにらめっこしている。

あまりにもみんな楽しそうなので、
私も思い切って馬券を買ってみることにした。
ビギナー対応のカウンターで仕組みや買い方を教えてもらい、
当てやすいという複勝を購入。
b0066455_23341745.jpg

指定した馬が1〜3着に入れば配当が得られるというもの。
3頭に300円ずつ、900円を賭けた。
1頭は「キタノサクラヒメ」という名前に惹かれて、
あとの2頭はパドックで見て、何となく、お尻の大きな馬を選んでみました。

いかんせん馬力を競うものなので、そんなに速いレースではない。
レースが始まると、直線の馬場に沿って設けられた観覧スペースを、
お客さんも馬と合わせて動きながら応援していく。
それがまた温かい感じで良かった。
b0066455_23364832.jpg

馬場は砂でできているので、レースが終わる頃には砂埃が立ち込めます。
起伏のある200メートルの馬場を2分くらいでゴール。
すごい迫力でした。
b0066455_2343219.jpg


そして!
初めて買った馬券が指定した3頭が1~3着に的中!
配当金が低かったので、元金プラスちょっとしか戻ってきませんでしたが、
楽しい嬉しい経験になりました。
証拠写真。(上の馬券の写真とあわせて見てください)
b0066455_233817100.jpg


ちなみに2、3レースも買ったんですよ。
2レースは全スカ。
3レースは1頭のみ当たり。
総額2,100円賭けて、1,290円戻ってきました。
まぁ、かわいいものです。

最後に見た4レース、疲れちゃった馬。
b0066455_23464762.jpg

そりゃ、大変よね。

ばんえい競馬を堪能した後、帯広駅で十勝名物の豚丼を買い込み、
次の目的地、ぬかびら温泉郷へのバスに乗り込みました。
路線バスで1時間半。
ほとんどひたすら畑の中の真っ直ぐな1本道を進む。
自分運転したら、確実に途中で仮眠を取らないと、居眠りしそう・・・。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-07-31 22:00 | 北海道(2010夏)

秘湯

2010.7.18-③

ぬかびら温泉郷は大雪山国立公園の東端にあります。
大小含め山が多いことから、ハイカーが多いエリアのようです。

夕ご飯は帯広で買った「豚丼」です。
b0066455_002494.jpg

牛丼チェーンの豚丼みたいなものではなく、
厚切りの豚肉を炙ったものに甘めなタレがかかっています。
帯広・十勝あたりの名物らしいです。

ユースホステルを利用したのですが、
オーナーが至れり尽くせり親切で、本当に素敵な宿です。
ユースの中にも温泉があるのですが、
少し山に入った湯治場まで、オーナー主催のプチツアーがあり、
せっかくなので行ってきました。
幌加温泉・鹿の湯というところで、基本的には露天混浴風呂。
あ、女性専用風呂もあります。申し訳程度でしたが。
最近ようやく大衆浴場に慣れてきたとはいえ、混浴はさすがに無理っす。
同じツアーに参加したおじさんによると、
「外が暗いから年寄りだか若いんだか
男だか女だかわからないくらいだよ。」だそうですが。

  後で調べたら、「秘湯」で有名らしいですね。
  住所が「北海道河東郡上士幌町幌加番外地」・・・「番外地」ってすごいですね。
  この辺は新聞を郵便やさんが郵便物と一緒に届ける地域らしいです。


宿に戻り、翌日の昼ごはんをどこにしようかなど、ユース内の案内をいろいろ見て、
寝る前にユース内の風呂に浸かり、ほかほかで就寝。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-07-31 20:00 | 北海道(2010夏)

昔は働き者だった

2010.7.19-①

そもそも、なぜ今回北海道なのかと言うと、とある「橋」を見るためだったのです。
何か建築物の調べものをしていた時に、
タウシュベツ川橋梁
という橋に出会いまして、これが素晴らしく素敵な石橋なのですよ。
一目惚れしまして、この橋について調べたところ、
国鉄士幌線の廃線跡であり、他にもたくさんの石橋がある、
ということがわかりました。

前日の雨はやみました。
廃線跡巡りのツアーというのがあり、ガイドさんが説明してくれました。
私を含め3人の参加者で、若者ばかりだったことから、
ガイドのおじさん、
「今日は足腰使うコースを案内します」
ということで、かなり足場の悪い所に行ったり、藪の中くぐったり。

一番最初に訪れた橋。
b0066455_231521.jpg


霧がかかって仙人が出そう。
水に近いと結構寒くて。

次はロープに掴りながら岩場を下ってたどり着いた橋。
b0066455_236588.jpg


この橋の上はこうなっています。
さすがに柵の無い橋には上がれないので、
立ち入り禁止の金網越し。
以前はここも歩けたそうですが、転落事故があったらしく。
b0066455_23112778.jpg


この後は廃駅跡へ。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-07-31 19:00 | 北海道(2010夏)

緑×線路

2010.7.19-②

b0066455_23193641.jpg

ホーム跡が残る幌加駅の線路。
本来は全て撤去される予定が、地元の方の声で200メートルくらい残してあるのだそう。

b0066455_23204462.jpg

前はここにSLなりディーゼル機関車なり、止まっていたのですね。
もともとは林業が盛んな土地柄、切った木の運び出しのために鉄道が引かれたのだそう。
大木を満載にした貨物が何度も暴走したことがあるそうです。

ノスタルジック。
b0066455_23233748.jpg

線路の「ポイント」と呼ばれるものですが、
このポイントがまだ動くのです。
線路わきにレバーがあって、がちゃこん、と。重いけど。
手動のレバーが動く状態で残っているのは珍しいそうです。

およそ3時間のツアー。

「あれ?タウシュベツ川橋梁は?」
残念なことに、ダム湖である糠平湖の湖畔にかかるタウシュベツは、
ダムが稼働していないことで水位が下がらず、水没したままで見ることができませんでした。
それも承知の上で来たので、まぁよいのです。
また、来ればよいのです。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-07-31 18:00 | 北海道(2010夏)

旭川まで行ってラーメンを食べず。

2010.7.19-③

糠平で「鹿丼」を食した後、バスまで時間があったので温泉につかる。
糠平の滞在時間約24時間内で、温泉に3回浸かる。

旭川までバスで抜けていきました。
前日の雨が川を濁流にしていました。

旭川はほんの乗り継ぎなので、駅前を少し歩いたのみ。
駅前が開けていて、西武デパートがあったりして、賑わっていました。
マルイイマイは去年閉店したまま、デカい建物が残っています。

旭川から稚内まで特急で移動。
何を食べようか迷い、しかも駅弁気分じゃなかったので、
西武デパートの地下に行ってみました。
おにぎりが安くなっていたので2つ購入。
「なすみそ」「ザンギ」
なすみそは「何故おにぎりに入れた?」という疑問から、
ザンギは「それ何?」から。

調べてみたら、ザンギは下味をつけてから揚げる唐揚げなのだそう。
おにぎりの中のザンギ(鳥ザンギ)は
揚げた後にも味付けがしてあって、かなりしょっぱかった。
てか思ったけど、北海道で食べたもの、
全体的に味が濃くてしょっぱい気がするなぁ。

あ、ちなみに駅弁に食指が動かなかったのは、
イクラとかカニとかホタテとか、
好んで食べないものが多かったからよ。

b0066455_2334155.jpg

おやつはこれ。
北海道出の友達が
「コンビニに必ず置いてあるカステラという名前のお菓子」
についてよく話していたので、食べてみた。
いわゆるカステラではなく、甘味控えめのスポンジケーキ、
という感じだった。
甘いミルクティーかココアがお供に欲しくなる。
旅に出ると、コンビニにある「地パン」を必ずチェックしちゃいます。

23時ごろ稚内着。
さすがに涼しかった・・・。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-07-31 17:00 | 北海道(2010夏)

北のうんと北にも素敵なものがある

2010.7.20-①

朝7時。
早起きをして、稚内の港にある防波堤を見てきました。
ユースに泊まっていた人に勧められた場所。
北海道遺産に指定されている北防波堤ドーム、というところです。
b0066455_23421613.jpg


防波堤になぜこんなにもお洒落なものを作ったのか、謎であります。

b0066455_23443277.jpg

神殿の外回廊、という雰囲気です。
b0066455_23452538.jpg

この曲線は、ずるいです。

b0066455_23482911.jpg

柱はいわゆる「エンタシス」というやつです。

ここは自転車で道内を周るような方々が、テントを張って寝泊りをするメッカのようです。
テントを入れずに写すのがちょっと大変でした。

ホテルに戻り朝食の後、稚内を巡るバスツアーに参加。
一番効率良く周れる。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-07-31 16:00 | 北海道(2010夏)

ノシャップ岬界隈

2010.7.20-②

たまには自然のものを。
ハマカンザシ。
b0066455_23553490.jpg


ハマナス。
b0066455_23562586.jpg


ノシャップ岬に向かう途中、不思議な物体をみかける。
b0066455_23594913.jpg

正体は自衛隊の球体レーダーみたいです。
地元の子供たちにはメロンと呼ばれているそうです。
さもありなん。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-07-31 15:00 | 北海道(2010夏)

その先は

2010.7.20-③

ノシャップから宗谷岬へ。
すごいですね、途中ひたすら緑色の丘が続きます。
b0066455_06343.jpg

日本が狭い、だなんてウソだろ?と思ってしまう。

そして宗谷岬。
さっきは小雨がぱらついたのに、ちょうど雲が切れて青空が。
何年越しですかね、ようやくここに来ました。
b0066455_083466.jpg


別に、何もないのですが。
景観が良いわけでも、信仰対象があるわけでもなく。
でもなんだか、達した!感はあります。

私なりの記念写真です。
b0066455_0104455.jpg


→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-07-31 14:00 | 北海道(2010夏)

車中から

2010.7.20-④

稚内市内の標識は日本語・英語・ロシア語併記。
b0066455_015615.jpg

私は市内でロシアの方には会いませんでしたが、
まぁ多いのでしょうなぁ。

稚内から札幌までバスで一気に南下。6時間!
途中まではひたすら牧場。

以下、バスの中から撮った北海道。

うは。マシュマロが転がってるみたい。
b0066455_0172892.jpg


風力発電は海沿いのあちこちにありました。
b0066455_018549.jpg


北海道最後のショットがこれ。
広い空だなぁ。
b0066455_020851.jpg


新千歳でこれでもか!ってくらいお土産を買った。
道中はリュック一つで動きたいので買わないのですよ。
マルセイのチーズクリームクラッカーが美味しかった。

旅どこ2010夏、完!
[PR]
by travel-xiao | 2010-07-31 13:00 | 北海道(2010夏)