TRAVEL,WALATTE!

walalala.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:東海ワンダー1(2010秋)( 6 )

関ヶ原ウォーランド1

2010.11.3

前々から「名古屋に来たらここに行くぞー」と息巻いていたのがココ。
名前が素敵くないですか。
「ウォーランド」って。
普通は結びつかない英単語による夢のコラボです。

名古屋在住のM姉さんとはりきって開館とほぼ同時に入園。
ゲートには誰もいなくて、「中でスタッフにお支払いください」というゆるさ。
(あとで再入園した時にちゃんと支払いましたぞ)

b0066455_2365165.jpg


木陰からこんちは。
そうそう、そもそもウォーランドって何よ?ですが、
浅野祥雲(あさのしょううん)先生という、
コンクリート像をたくさん作った作家さんがおったのですが、
その方が関ヶ原合戦の様子を約200体の極彩色のコンクリ像で再現した、
という「合戦テーマパーク」です。
開館は1964年。東京オリンピックと同い年です。

合戦ですから、こんな光景もあるわけですよ。

b0066455_2383982.jpg


ここには徳川家康以下家臣たちが集まっているようです。

b0066455_23104542.jpg


敵方の首実験をしている最中です。
それにしても「首実験」って、すごい日本語ですな。

b0066455_2312692.jpg


続く。

→ページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-11-03 23:00 | 東海ワンダー1(2010秋)

関ヶ原ウォーランド2

ここではくんずほぐれず、戦いの真っ最中です。

b0066455_23143548.jpg


って、そんな悠長なコメントしてる場合でもないのでしょうが、本人たち。
ここのコンクリ像、「バランスが妙」なものがたくさんあります。
上の2人も、腕が長い。
サイズは現代人の標準的なサイズよりちょい大きめ。
だけど、頭が大きくて足が短いので、全体的に5等身。

b0066455_2318479.jpg


あ、(比較的)イイ男。

b0066455_23184091.jpg


ズーム!

b0066455_23192140.jpg


キレ長・流し目王子。
兜の紐が手描きだ。しかもリボン結びだ。

続く。

→ページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-11-03 22:00 | 東海ワンダー1(2010秋)

関ヶ原ウォーランド3

広いところには、こんな感じでいっぱい並んでる。

b0066455_2323363.jpg


お昼はここの広場のベンチでお弁当を広げました。
私は新米コシヒカリおにぎりを持参。
M姉さんがおかず担当。
前日の夜にお弁当話をしたにも関わらず、すごいたくさんのおかず。
ごちそうさまでした。

この人は降参しているんだったかな。
待たれよ~!みたいな。
b0066455_23265127.jpg


ほとんどのコンクリ像に木札で名前が書いてあるのですが、
ん?「宮本武蔵」・・・?

b0066455_23281874.jpg


宮本武蔵って、江戸時代の人だよね・・・。
同姓同名がいたのか?
謎である。

園内は紅葉がはじまりつつありました。
たまにはゲージツ的に撮ってみましょうよ、2連発。
b0066455_2331336.jpg

b0066455_23313290.jpg


も1回、続く。

→ページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-11-03 21:00 | 東海ワンダー1(2010秋)

関ヶ原ウォーランド4(完)

足軽鉄砲隊たち。

b0066455_233584.jpg


コンクリ像は手入れをされているものもありつつ、
経年劣化で酷く肌荒れをしたものも多い。
これは塗り直されているので結構綺麗なほう。

b0066455_23374950.jpg

b0066455_23382949.jpg


この関ヶ原ウォーランドにはテーマがありましてね。

b0066455_23401787.jpg


戦争を繰り返すな!という、とても高尚なもののようです。
「ノーモア関ヶ原」はこの園の合言葉。

開園から約5時間、楽しみました。
そしてこのノリで、浅野祥雲先生の作品があることでウォーランド以上に有名な、
桃太郎神社というところにも行きました。

いざ出陣じゃー。
b0066455_23421440.jpg


桃太郎神社に続く。

→ページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-11-03 20:00 | 東海ワンダー1(2010秋)

桃太郎神社1

関ヶ原ウォーランドを後にして、養老SAでコーヒーなど飲みつつ、
犬山にある桃太郎神社へ。

赤鬼さんがお出迎えです。

b0066455_23461756.jpg


ストーリーがあるんかどうか、鳥居から奥に進むにつれ、
桃太郎が成長し、鬼を退治していくように配置されているみたいです。
だから鳥居の前には、どーん。

b0066455_2349982.jpg


生まれたみたいです。
で、お供登場。

b0066455_23514871.jpg


お伴をたずさえて、いざ鬼ケ島へ。

b0066455_2354479.jpg


・・・と、ここから先は有料ゾーン。

といってもお賽銭みたいなもので金額は任意。

続く。

→ページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2010-11-03 19:00 | 東海ワンダー1(2010秋)

桃太郎神社2

有料ゾーンには一応、鬼資料館みたいなのがある。
鬼の角?とか鬼のミイラ?の写真とかある。
いろんな桃太郎の絵本とか。
そんなとこ。

資料館の入り口近く、B級観光本では有名鬼。
b0066455_23583257.jpg


もちろん乗りましたさ。
背中の丸みが結構リアルに人っぽかった。
後ろ姿がむちっとして妙にセクスィー。

b0066455_001270.jpg


雉の足が人間並みに太い・・・。強度的に仕方ないのは分かるけど。
b0066455_081718.jpg


成長した桃太郎が超色白。
肌荒れ酷いですけど。

b0066455_014210.jpg


どうだーまいったかー。
b0066455_024024.jpg


ひぃーまいりましたー。ごめんなさーい。
(色白がまぶしくて目を合わせられませーん)
b0066455_032645.jpg


そして反省の図。
b0066455_054193.jpg

この鬼の下に池があって、涙で池ができました、という趣向。

こんなワンダーな神社なのに、結構参拝客がいるのね。
子供連れの家族が多かった。

というところで、東海ワンダーを楽しんだ1日でした。
浅野祥雲先生の三大聖地の内、2か所もまわっちゃいました。
あと1か所、五色園は春になってからかなぁ。

完!
[PR]
by travel-xiao | 2010-11-03 18:00 | 東海ワンダー1(2010秋)