TRAVEL,WALATTE!

walalala.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:四国ほぼ一周(2012年秋)( 5 )

いつからそういう趣向になった。

これがまたなかなか行き先と日程が決まらなくて。
名古屋に居る都合上、西日本がいいんだろうけど、
なんかこう、ぞっこん惚れこんで行きたい場所が無くてですね。
じゃぁ全国制覇に向けて、四国は愛媛だけ行ってないからとりあえずそこを攻めようと。
であれば四国をなるべく一周するイメージで組めるかな?
と、そんな感じで緩く決まったわけですが、
調べてみると面白いものがたくさんあるものでして。

今回は長いので、分けます。

■2012年10月7日

休日としては8日からなんですが、8日は早い時間から動きたいので、
仕事終了後、鋭意前乗りです。名古屋から広島県福山まで。
福山駅前の(予想以上に)激渋なビジネスホテル。
新幹線のぞみが停まる駅の目の前にあるビジネスホテルなのに、これ稼働。
b0066455_0203225.jpg

自販機遺産!お湯は出ないタイプですが。
赤いきつねのトールタイプって、普通には売ってないやつだ。
しかし既に車内でご飯食べてきちゃった。。。残念。

■2012年10月8日

四国に行くのになんで岡山泊まりじゃないの?と気付いた人がいるかどうか。
故あって、広島です。
広島の尾道から愛媛の今治まで「しまなみ海道」というルートがあり、
瀬戸の島々を自転車や徒歩でも渡れる専用道があるのです。
距離は約80キロ。
天気と体調が良ければ自転車に挑戦してみるのもいいかも!
と、非体育系の私が急に何を思ったか。。。
初心者で休み休み走って8時間、体力に自信がある人で5時間、
チャリダーなら3時間、が目安タイムとのこと。

で、晴れまして(基本、晴れ女ですから)。
尾道駅前で自転車を借り、スタート!

①向島
最初ですから、ギアかなり重くしても余裕で走れる。
道路に青いラインが引いてあって、そこをたどれば今治に着けるという親切さ。
しかも「今治まで●●km」と1キロ毎に書いてあって、
それが最初は励みにもなり、後半は「まだかよー。うおりゃぁ!」となる。

しまなみ海道のメインストリートは、6つの橋を渡ります。
尾道側からの最初の橋は、因島大橋。
b0066455_22135956.jpg

この橋だけ、車道の下に自転車道があります。鉄骨ラブ。

②因島
体力ある内になるべく進んでおきたいのでひたすら走る。
因島から生口島に渡る生口橋。
b0066455_22161712.jpg

青空!海!橋!サイコーです!

③生口島
この島の気になる建築物。
b0066455_22171114.jpg

耕三寺という浄土真宗のお寺の、境内と思われる場所にある。
他にも城・・・?みたいなものもあり、ワンダー臭がぷんぷん。
さっき調べたら、大阪の実業家だった耕三寺耕三という人が
昭和初期に建てたものらしい。。。ますますワンダー。
時間と勢いを奪われたくなかったので中に入らなかったんですが、
今から思うと後悔しきり。。。

代わりに素敵な海辺でも。
b0066455_222333.jpg

ここは夕陽がきれいなビーチだそうです。

次の多々羅大橋を渡る前にちょっと一休み。
橋を渡るって言いましても、海にかかる橋って、高い所にござんしょ?
そこまでチャリで登らないといけないんですよ。
橋から下るときは2~3キロペダルこがなくてもいいんで楽ですが。
b0066455_2227911.jpg

至ってフツーのチャリです。
もちろんチャリダーさんが乗るようなものもレンタルしてるんですけど、
そんなん乗ったことないし。

④大三島
次の伯方島の道の駅で休憩することにしたので、ここはひたすら走る。

⑤伯方島
「は・か・た・の・しお!」で有名な伯方島。
途中でパンをかじったので、ここでは塩ソフトクリームで塩分&糖分補給。
b0066455_2232467.jpg

ちょっと空色をしたソフトクリーム。
しかしもっと塩を前面に押した軽食あってもいいのになぁ。
レストランで塩ラーメン、って気分にはなりにくい。
普通に「おにぎり」とかあったら食べたかったのに。もしくは塩焼きそばとか。

⑥大島
なんてことも無い田舎の風景ですが、ふと足をとめてしまう感じ。
b0066455_22364894.jpg

この辺は吉海(よしうみ)という地域だったのですが、
ちょうど地域で結婚式があったみたいで、
黒紋付に袴で揃えた若者が集まって、地域の風習なのか、
新郎新婦を囲んで何かお祭りのようなことをしていた。

さていよいよ最後にして最長の来島海峡大橋を渡ります。
b0066455_2239459.jpg

あそこまで登るのか―よー。
(実際、チャリで登れるようなもんじゃなかった。半分くらいひいて登った)
もう、膝はガクガクで熱持ってるのがわかるくらい。
最初ギア6で走ってたのに、もう3でもきついもんね。
この橋は今治からの観光客がちょこっと走りに来たり、
歩きに来たりするみたいで、ずいぶん混んでいた。

8時に尾道をスタートして。
14時に今治駅にゴールしました!
がんばった、私。
レンタルサイクルのおじさんが撮ってくれました。
b0066455_2245988.jpg

10月という時期はベストシーズンでした。
汗だくにもならず、寒さも感じず。
日焼けはしましたけど。がっつり時計焼けw

さてここから、電車で30分ほど東に行ったところの新居浜に友人がいるので、
そこへ会いに行ってお茶。
「尾道からチャリで来た」と言ったら、
「聞いたことはあるけど、本当にそれやる人いるんだー」と言われた。

日が暮れて今日の宿泊地、松山へ。もちろん道後温泉!
b0066455_22502413.jpg

道後温泉の写真て、すべからくこのアングルなのはなぜ?と思っていたが、
現地に行くとよく分かった。ここからしか全体を撮れないんだ。
周辺をうろうろして、「じゃこ天」「じゃこ天カツ」を屋台で頂く。

このすぐ隣のホテルだったので、チェックインしてから浴衣と丹前ひっかけて温泉来よう♪
と思ったのだが、浴衣はまだしも、丹前があまりにも大きすぎて(いや私が小さくて)、
どう見てもバランスが可笑しすぎるので、結局諦め。

この日は神の湯階下という、入浴のみのお風呂にしました。
道後温泉には神の湯と霊の湯(たまのゆ)の2つがあり、
さらに休憩室の階数や頂けるお茶菓子によってプランがいくつもあります。
神の湯は湯船が深くて気持ち良く浸かれる。このお湯も好き。
しかしいかんせん昼間酷使した足が若干熱を持っていたので、
あまり長いこと浸からずに、また明日朝風呂に入ることに。

風呂上りに1周して写真。
b0066455_2381751.jpg

b0066455_2382952.jpg
b0066455_2384123.jpg

すごい、奇跡的に人がいない状態。

部屋に帰って、買っておいたサイダーを飲んで就寝。
b0066455_2393199.jpg

今日はよくやった。

→ページ下「次ページ」をクリックで次の記事に飛びます。
スマホの場合は「古い記事」で次に飛ぶみたいです。
[PR]
by travel-xiao | 2012-12-16 00:41 | 四国ほぼ一周(2012年秋)

対角線上に動くイメージで

2012年10月9日

2日目(1日が長いから2日目感が薄い)。
朝起きたら、意外にも足の筋肉痛は無かった。普通に歩ける!
6時に道後温泉へ朝風呂。今度はお茶菓子付きの霊の湯。
一番客だったので、浴室内部をちょっと撮影。
b0066455_23182592.jpg

昨日の神の湯は大衆浴場、という感じでしたが、
こちらは湯船が小さく、プライベート感満載。
少し開いた窓から、早朝の少し冷たい風と一緒に金木犀の香りが流れてきて、
なんだか素敵な朝だ。

休憩室ではお茶と、おせんべいを頂く。
b0066455_23223439.jpg

b0066455_23224654.jpg

この後、皇室御幸で使われたお部屋や専用風呂などを見せていただき、
この建物がとんでもなく複雑な階層と構造で成り立っていることを知る。
働いている人同士がずっとおしゃべりをしてるって、
接客業ではありえないんだけど、ここの場合はその緩やかな雰囲気がとても良かった。

伊予鉄に乗って松山駅まで。
b0066455_23272030.jpg

途中で、新居浜の友達が教えてくれた「労研饅頭(ろうけんまんとう)」の
看板を見つけた。名前とレトロなフォントがたまらん(写真無いけど)。
素朴な饅頭らしい。今度来たら絶対食べる。

駅前の気になる建物(終末物件)。
b0066455_23294498.jpg

「駅前スタジアム」って、言うねぇ。
営業しているかどうかは謎。

松山から高知へ、高速バスでずいっと参ります。
朝早かったんで、爆睡。

高知駅について、そのまま目的地へ歩き始め、
しばらくしてからバスかトイレに落とし物をしたことに気づく。
それはこの旅行のプランシート。。。
私はいつも、複数泊になる旅行の場合、
宿泊場所やそこへ向かう交通手段やおよその電車の時間、簡単な地図なんかを、
1枚の紙にまとめているのです。で、ズボンのポケットに入れている。
それさえあれば、いちいち調べなくても分かるしメモも簡単。
を、落とした、と。
まぁ、携帯もスマホもあるのでなんとでもなるんですけどね。

気を取り直して、高知で最初の訪問地はここ!
「沢田マンション」。建築ファンの間ではたぶん有名。
b0066455_23422051.jpg

建築士の資格を持たない夫婦が、独学で建てたというマンション。
建てた、というのは、設計~基礎工事~棟上げ~配管まで何でも、てことらしい。
屋上には畑や鯉の居る池なんかもあるそうです。
かなり立派です。築40年ほどだそうです。
b0066455_23451045.jpg

b0066455_23452297.jpg

以前は、マンション共有部であれば撮影は自由だったそうですが、
今は大家さんの許可が必要なようです。なので、外観だけ。
しかも私と同じような人がいて若干気まずかったのでw
あまり長居せずに、近くのスーパーへ何か面白いものがないか物色。
高知のローカルパン「ぼうしパン」、しかもかなり上等なのを手に入れました(後出)。

ここから太平洋沿いを東へ移動します。
JRで後免駅へ。
ここから東へ伸びる「土佐くろしお鉄道」は、やなせたかし氏のキャラが各駅に居ます。
b0066455_23504850.jpg

b0066455_2351548.jpg

「ごめんえきお」君。

ここで1時間ぐらい乗り換えに時間があり、ちょうどお昼時だったので、
先ほど手に入れた「ぼうしパン」。
b0066455_23531960.jpg

う、美しい!ほんとに帽子だ!
ぼうしパンを駅のホームでかじる帽子の人。
b0066455_23541957.jpg

おいしいパンでした。みみの甘いとこ好き。

ちょうど時期的にテスト帰りの高校生で混みあう土佐くろしお鉄道に乗って、
次は小さな港町に向かいます。

→記事が一括表示されていない場合、ページ下「次のページ」からどうぞ。
スマホの場合は「古い記事」で次に行けるみたいです。
[PR]
by travel-xiao | 2012-12-13 23:16 | 四国ほぼ一周(2012年秋)

対角線上に動くイメージで②

2012年10月9日 その2

土佐くろしお鉄道の「夜須」という駅で降りまして、
海沿いを歩くこと15分。手結(てい)という地域です。
b0066455_22301094.jpg

のどかです。
小さな漁船が並び、遠くでエンジンの音が聞こえて・・・
のどかです(再)。

目的地はこの橋。
b0066455_22333060.jpg

見た目、至って普通の鉄骨とアスファルトの橋です。
これが、しばらく待ってるとこうなります。
b0066455_22342774.jpg

ん?
b0066455_2234454.jpg

おぉ!?
b0066455_2235115.jpg

ずーん。壁っ!
b0066455_22443787.jpg

b0066455_22574237.jpg


雑誌で最終形態を見た時のインパクトが強すぎて、つい見に来てしまいました。
これは「手結港可動橋」が正式名称の、日本では珍しい現役の可動橋です。
しかも結構新しい。平成14年完成だそうです。

1日に6回、こんなふうに上がっています。
時間になるとおもむろ踏切が降り、警報機が鳴り、
5分くらいかけてのそーっと動きます。
橋が橋として使用可能な時間は1日の内7時間のみ。あとは壁になっています。
こんなに通る時間が限られて、困る人がいるんじゃないかと思ったけど、
すぐ近くに迂回路があって、遠回りすれば別の橋を渡っていけるみたい。
実際、写真撮ってる間に何台も車が迂回路へ向かっていった。

その度に、
・・・この橋意味あるんか・・・?
という疑問しかわかない。

夜須駅前の看板には観光名所のように書いてあったので、
観光名所として人を呼びたいのかもしれないけど、他に何も無いし。
私みたいなモノ好きしか来ないだろうなぁ。

帰り際、振り返ればヤツがいた。
b0066455_23184012.jpg

空から降ってきた板が刺さったみたいだ。

再び土佐くろしお鉄道に乗って、終点の奈半利(なはり)まで。
さらにバスに乗って、四国の「右下」室戸岬に向かいます。
バスの料金が2,000円くらい。。。
路線バスで2,000円って普通見ない料金。
ちなみに、四国の鉄道&バス会社の粋な計らいで、
高知~室戸岬~徳島、という2日間有効の切符を売ってます。モノ好き専用切符。
普通に乗って片道6,000円くらいのところ、5,000円くらいで途中下車可能。

室戸岬は岬を挟んで西と東で海の様相が全く違って、
もちろんその日の天候にも依るんでしょうが、
概ね西は穏やかで、東は波が高い。
最初東側でバスを降り、海沿いを歩いてみる。
b0066455_0395810.jpg

写真左下に手すりのようなものが見えますが、ここに遊歩道があります。
しかしこんな東映ばりの波が来ていては、行けないよねぇ。。。
こんなに天気の良い穏やかな日でも、こんなに波があるのでは、
この遊歩道歩けるのってすごい確率低いんじゃないか?
岬の近くに、空海上人が修行したという御厨人窟(みくろど)がありました。
洞窟から見える「空」と「海」を眺めつつ日々暮らしたことから、
その名前の由来になったらしい。そんな神聖な場所もあるんです。

そして西側。ちょうど夕ぐれ時。
b0066455_23574427.jpg

おぉぉぉ!きれーいっ!
こんな赤い夕日は初めてかもしれない。
いろんなズームを使って、頑張って寄ってみた。
b0066455_2352558.jpg

一日照らしてくれてありがとう。
おかげで今日はとても良い旅が出来ました。
明日も、これからも、よろしくお願いします、と。
b0066455_23582751.jpg


暗くなる前に、再び東側に移動。
今日の宿泊先に向かうバスまで小一時間ほどあるので、
岬にポツンとある「シレストむろと」というスパで海洋深層水風呂に浸かる。
海洋深層水風呂って塩分が強いんで、前日の日焼け箇所にしみて痛い。。。

20時ごろにこの日の宿(民宿!)に到着。
あきらかに酔っぱらった若旦那が登場。とりあえず部屋に荷物置いて、ご飯。
畳の食堂では中年男性3人が酒盛り中。
うわ、このシチュエーションはちょっと苦手な感じかも。。。と思いましたが、
皆さん気さくな方で、どっから来たのか?何しに室戸まで来たのか?
など聞かれてお話しながら、最終的にはかなり打ち解けて楽しく酒盛りしました。
3人の内1人は、サーフィンのために長逗留しているらしい。
もう2人は、携帯のアンテナを立てるやら基地を作るやら、らしい。
若旦那が酔っぱらっているのは、ここに混ざって一緒に飲んでいるからで、
毎日こんな宴会をしているらしい。

民宿はご飯が良い!(酒盛りに夢中で写真無いの)
刺身から煮つけけから、隣の畑で取った地物野菜の天ぷらや煮物や、
とにかくすごいたくさん出していただいて、大満足。
3時間ぐらい過ごして、部屋に戻って寝る。
波の音がざざーって聞こえて、その中で眠りに就くのは幸せだ。

→記事が一括表示されない場合は、ページ下「次のページ」からどうぞ。
スマホの場合は「古い記事」から次へ飛べるみたいです。
[PR]
by travel-xiao | 2012-12-13 22:27 | 四国ほぼ一周(2012年秋)

徳島にはまだ短ラン学生がいる

2012年10月10日

3日目。
海から登る朝日を見るために早起き。
うむぅ、雲がち。
b0066455_2150336.jpg


それでも海から昇る朝日は初めてなので、気持ちの良い朝になりました。

宿の看板娘というおばあちゃんが作る朝ごはん。日本の朝ご飯!という内容。
昨日酔っぱらいの若旦那も、朝からちゃんと働いてました。

始バスで、阿佐海岸鉄道という三セク鉄道の「甲浦駅(かんのうらえき)」へ。
始発&終着駅という風情です。
b0066455_21584691.jpg

ここからひたすら鈍行で徳島まで。
快速とか急行とかそういうの一切なくて。。。
この日も朝早かったので、クロスシートの窓際で気持ち良く寝ました。

徳島駅の1個手前の駅で降りて、徳島ラーメンの有名店「東大」へ。
好きですねぇ、あの体に悪そうなこってりさ。
ぐるなびか何かに「徳島ラーメン初心者にはくどいかも」とか
「女性にはライトなメニューもあります」と書いてあったけど、
「こってり」で普通に美味しく頂けました。
この後そんなに動かないのであれば、替え玉行きたかったくらい。

ラーメン屋に入って食べて出るまでに15分くらいで済んでしまい、
想定外に時間があまった。。。
ので、眉山(びざん)という駅前にある山にロープウェイで登ることにしました。
名前が素敵じゃないですか。
万葉集にこう詠われているそうです。
「眉のごと雲居に見ゆる阿波の山 かけてこぐ舟泊知らずも」
万葉の時代から「眉の山」だったんですね。
とか褒めちぎっておいて写真が一枚も無かった。ごめんなさい。

徳島駅前のアーケードに見つけた阿波踊り。
b0066455_22152623.jpg

そういえば徳島駅前に、ご当地ポストがあるらしく、
手紙を投かんすると、ポストの上で人形が阿波踊りを踊る、という趣向らしい。
(新潟にも佐渡おけさを踊る人形がついたポストがあるけど。)
それが英語の地図で「Dancing post」と表記されていたが、
これってニュアンス違くない?

徳島駅から西へ延びる徳島線で川田という駅へ向かいます。
徳島駅で見かけた男子校生は、短ランにボンタン、
Timberland風なゴツイ靴をはいていた。
いまだにこんな風体の高校生がいるのか。。。と呆気にとられた。
それが集団で電車に乗ってきたのは壮観であったよ。

川田駅から歩くこと40分。
「阿波土柱(あわどちゅう)」
b0066455_22313236.jpg

これと同じ光景はアメリカのロッキーとイタリアのチロルにあるらしく、
阿波土柱と合わせて「世界三大土柱」というらしい。マイナーだけど。。。
砂交じりの地層が雨によって柱が立っているように浸食されて出来た風景。
タクシーの運転手さんによると、「昔はもっと柱が立ってたけどねぇ」とのこと。
私も以前見た写真だと、もっと柱が見えた気がする。。。
経年変化も、自然の面白さと勿体なさですけどね。

この土柱の隣にあるのが「土柱ランド温泉」。
b0066455_22344763.jpg

・・・このフォントは奇跡だ!
終末感あふれる、昭和の観光地です。
ちなみに土柱ランド温泉、ホームページだけ見ると、
なんかすごく豪華で新しそうな感じがします。

そこからまた歩いて、美馬の「うだつの街並み」へ。
b0066455_2243333.jpg

b0066455_22431843.jpg

うだつが上がらない、という語源の、うだつ、です。
b0066455_22405668.jpg

家と家を仕切るように、2階に掲げられた「うだつ」。
これが大きくて、高く掲げられるほど、権限がある裕福なお家だそうです。

タイムアップで中は見ることができませんでしたが、
この地区に古くからある劇場、オデオン座。
b0066455_2245363.jpg

さっきの街並みとは趣が違いすぎる色合いや趣向。
なんでこんなに真逆なものを作ったろう?とか思います。
非日常感、なのかね。

旅の目的はここで終了です。
しかしここから帰るのです。名古屋へ。海を渡って。
ちょうど接続が悪い時間で、雨の中、無人のホームで30分の乗り換え待ち。
夜7時半の段階で「琴平のあたり」というメールを友達に送ったところ、
「帰る気あんのか」くらいの返事が来た。

本州に渡るのに瀬戸大橋線に初めて乗りましたが、
夜の瀬戸大橋線は空を渡っているみたいで楽しかったです。
窓の外に瀬戸内のコンビナート夜景が見えて、それが段々眼下になって、
暗い海の上に光の絨毯ができているみたいだった。

岡山から新幹線で名古屋へ。
23時ごろ帰宅。ただいま。
よく動き回りました。走ったし、歩いたし。
本当は四万十や、新居浜も別子銅山遺構も見たかったし、
まだ行きたいところたくさんあったんですが。
おそらくまたこんぴら歌舞伎を観に四国に来ることはありそうなので、
その時までに温めておきます。

完、と思いきや次のページにおまけがあります。

→ページが一括表記されない場合はページ下「次のページ(旅のおまけ)」をどうぞ。
[PR]
by travel-xiao | 2012-12-13 21:45 | 四国ほぼ一周(2012年秋)

旅のおまけ

残念ながら本編にのせる程ではなかったもの。

愛媛で買ったおやつ。宇和島銘菓「大番」。
ブッセみたいな生地にはゆず風味の餡子がはさんである。
b0066455_2343662.jpg

表面に見える白い粒は、山芋とグラニュー糖のそぼろ。
総合得点の高いお菓子。

甲浦駅で見つけたポスター。
b0066455_23111125.jpg

・・・いちから説明してほしいのですが。
想像するに、経営の苦しい阿佐海岸鉄道が、
全国あちこちにいて人気者になっている「動物駅長」をうちにも!と一念発起、
ここ海沿いだし、高級品伊勢海老なら変わってるし、注目されるでしょ!と
伊勢海老を駅長に据えた、と。
で、これだ、と。

どーなの、これ成功しているようには思えないんですけど。
猫とか兎みたいに表情や動きがかわいいというものではないからなぁ。
旅行に出て3セクに乗ると、こういう問題はどこも見え隠れしてますね。

徳島市内で見た「ビジネスホテル 城」!
b0066455_23195625.jpg

どうやら四国にはこういう城郭建築?が多いみたいです。
サラリーマン風の人が出てきたので、現役の城のようです。
じゃらんや楽天でもヒットしなかったので、登城料金は不明。
部屋は8つあることは判明した。
b0066455_2329737.jpg

窓かと思ったら、飾りだったよ。。。

徳島駅の駅ビルのレストランに見慣れた生活用品の名前。
b0066455_23294770.jpg

さすが大手製紙会社。ブランド名をつかいまくります。
目視からの認識だと、この名前はやっぱり箱に書いてあるものであって、
飲食の看板に書いてあるもんじゃないよなぁ。

うだつの街並みの帰り、穴吹駅前のお菓子屋さんでお土産を買いました。
「日の出」という老舗のお菓子屋さんだそうですが、
売っているお菓子はかわいいものが多かった。
名物の「ぶどう饅頭」を購入。ぶどうが入っているわけではなく、
デラウェアくらいの小さな餡玉が串に刺さっているお菓子。美味しかったです。

そのぶどう饅頭の箱に入っていた壱億円札。
b0066455_23332971.jpg

「札入の底に納めください。きっと貴方に幸運が訪れます」って書いてある。
のは二の次で、この裏に書いてあった創業者の一言が気に入りました。
「この小さなお菓子が 何かのお役に立ちます様に」
控えめだけど、お遣い物たるお菓子の強い主張。
それを作るお菓子屋さんの強い気持ちがぎゅっと詰まった一言のように感じました。
仕事場のみんなが美味しく食べていたから、きっと役に立ちました。

今度こそ、完。
3日間でもこんだけ楽しめる。
[PR]
by travel-xiao | 2012-12-13 20:04 | 四国ほぼ一周(2012年秋)