TRAVEL,WALATTE!

walalala.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:函館(2006冬)( 2 )

日帰り函館①

2006年7月から期間を切らずに青森に住みはじめましたが、
思いのほか早く、年内をもって東京に戻ることになりました。
そこで残り少なくなった北日本生活を満喫しようと、
日帰りで函館に行きました。

青森駅から青函トンネルに突入、感慨のないまま居眠りをしw
気がつけばもう函館。近かった・・・。

立待岬。最も本州に近い岬。
b0066455_2114733.jpg


天気が良ければ津軽半島が見えるらしい。
しかし、平日の冬の小雨の降る北海道の岬に女一人って、
はたから見れば危ないよね・・・。

そこから谷地頭温泉。
温泉ね、泉質がちょっと強いらしく、
手が妙にかさついて、一部皮がむけてしまいました。
手以外は大丈夫だし、しばらくポカポカしてすごい良かったんだけどね。

道路標識にこんなのが。
b0066455_2154025.jpg

エゾヒキガエルをひいてはいけません。

港あたりを散策して、
お昼にはしっかりラッキーピエロでハンバーガーを食べました。

→続きはページ下「次のページ」をクリック!
[PR]
by travel-xiao | 2006-12-19 21:05 | 函館(2006冬)

日帰り函館②

五稜郭は2度目。
ですが、五稜郭タワーがものすご綺麗になっていてびびる。
売ってる土産ものは相変わらず垢抜けんのね。

ちょうど夕陽時でした。
b0066455_224356.jpg


もう一度港エリアまで戻り、クリスマスイルミネーションを見てきました。
すばらしく綺麗でした。
b0066455_2262718.jpg

6時からツリーの点灯式で、目掛けて行きましたが、
とっても感動的でした。
ベタですが、いーい感じにゴスペラーズの曲がかかったりしてさぁ。

帰路は電車ではなく、フェリーに乗ることに。
そ、逆「津軽海峡冬景色」です。
もちろん「青函連絡船」ではないですが、
民間のフェリー会社が青森函館間を1日6往復ぐらい運航してます。
2等船室なら片道1600円ぐらいで乗れるので、
JRの3分の1ぐらいです。時間は倍以上かかるけど。
まぁ久しぶりに船旅もよかろうかと。

しかし・・・。

空きすぎ。

だだっ広い2等船室に客3人だからね。
テレビ付の20畳くらいの1区画を私ひとりで占領してます。

それに、この船の本来の目的は貨物船なので、
ターミナルから客室専用のタラップなんてものはなく、
貨物用の搬入口の脇を通って、作業階段のような鉄骨階段を使って客室へ。
この日の貨物には牛・馬もいました。
その脇を通って船に乗るのですよ。不思議な感じ。

真夜中の青森港に着き、タクシーでしか帰る足がなく、
フェリーで浮いたお金が結局タクシーに消えた気もする。

・・・日帰り函館・完!
[PR]
by travel-xiao | 2006-12-19 20:00 | 函館(2006冬)